【10月上映情報】シネマキャロット

活動記録

【シネマキャロット10月上映情報】
淡路島唯一の映画館で映画を観ませんか??
◎上映スケジュール🥕
10/3(日)〜10/11(月) ※8日(金)、9日(土)休館日

10:00〜空に聞く
11:50〜はるヲうるひと
14:20〜にしきたショパン
16:30~夏の光、夏の音(日本語字幕付上映。3日、4日は音声ガイド付き)

●空に聞く(小森はるか監督)https://soranikiku.com/東日本大震災の後、約三年半にわたり「陸前高田災害FM」のパーソナリティを務めた阿部裕美さん。地域の人びとの記憶や思いに寄り添い、いくつもの声をラジオを通じて届ける日々を、キャメラは親密な距離で記録した。

⚫️はるヲうるひと(+R15)(佐藤二朗監督)https://haru-uru.com/鬼才俳優・佐藤二朗が原作・脚本・監督を手掛け、自らも出演した、映画『はるヲうるひと』。本作は、佐藤二朗が主宰する演劇ユニット【ちからわざ】で2009年に初演、2014年に再演され演劇界からも絶賛された舞台を映画化した作品。

⚫️にしきたショパン(竹本祥乃監督)https://office-hassel.com/n-chopin/「阪神淡路大震災の記憶を語り継ぐ」「左手のピアニストを応援する」この二つをテーマに、本格ピアノ映画が誕生した。ショパン、ラフマニノフの名曲、近藤浩平作曲による左手のピアノなど全編音楽に満ち溢れ、ピアニストを目指す若き二人の人間ドラマが胸に迫る。

⚫️夏の光、夏の音(八十川勝監督)http://natsunohikari.tarumimovie.com/index.html視覚障害を持つ喫茶店の店員・麻衣とろう者の青年・健太郎の二人の主人公がおりなす夏の物語。神戸・明石・三田など兵庫の美しい夏の風景を舞台に、さわやかな感動の風が吹き抜けます。全編日本語字幕上映。10/3(日)、10/4(月)は音声ガイド付き上映

『シネマキャロット特別鑑賞券』
※一旦、10月で販売終了となります。一般価格¥1,800→10枚セットで大特価¥10,000で販売
期間は半年間(10月販売→2022年4月末まで有効)ご家族、ご友人との共同購入も!
ぜひお買い求めください。協賛でのご購入もお待ちしております!!

洲本オリオンでは、ご来場時の検温、手指消毒、マスク着用での鑑賞のお願いや、密を避け、十分な換気をした上で、安心してご覧いただけるよう、感染対策を行なった上で上映しております。

また、上映1週間前から洲本オリオンのホームページにて、お席のリザーブをしていただけます。
(座席指定ではありません)↓ ↓ ↓
https://www.sumoto-orion.com/
やっぱり映画は映画館で!

【シネマキャロット宣伝部募集🥕
淡路島内、関西四国?にチラシを配布してくださる方を募集します!
シネマキャロットメンバーはボランティアで、映画や洲本オリオン映画館が好きな島民で
活動しています。まだまだ知られていない活動で、「淡路島で映画を観たい!」
「あの映画を洲本オリオンで観られるの?」「島内をもっと楽しみたい♪」という方々に
まだまだ情報が行き届いていないな~と日々感じています。
上映期間中、洲本オリオンにて翌月の独自配布用チラシをお渡しします。
印刷部数に限りがありますので、1軒につき5枚程度配布しています。
商業施設などには多めの30枚などなど。臨機応変に。
現在、カフェなどの飲食店、美容院、一部の公民館、市役所などに配布。
ご興味あるかたは、お気軽に、質問など、メッセージください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました